[和柄デザイン]MA-0151 闘鶏炎舞

↓良ければ記事をオススメしてください (σ゚∀゚)σイイネ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年、記念すべきデザインの紹介記事なのですが、紹介するのは2017年の酉年を締め括るべく企画された「酉」をモチーフにした和柄デザインです!

…少し紹介が遅くなってしまいましたねm(_ _)m

「闘鶏」は、雄の軍鶏同士が激しく戦い合う、古くは日本書紀にも登場する娯楽文化ですが、元々は古代ギリシアや中国などでも盛んに行われていた文化が日本に伝わってきたものだと言われています。

そんな闘鷄の一幕、二羽の軍鶏が激しく火花を散らして戦い合う様を、舞い散る羽を炎に見立てて描いた和柄デザインです。

闘鷄の文化は、賭博の取締と共に庶民の娯楽からは衰退していったのですが、庶民の間では娯楽としてだけではなく鶏の鑑評会としても親しまれていました。

和柄デザイン「MA-0151 闘鷄炎舞(とうけいえんぶ)」は、酉年にちなんで企画された、雄々しく戦い合う軍鶏が睨み合い、火花を散らして戦い合う和柄デザインです。

酉年生まれの人をはじめ、少し変わった和柄デザインをお探しの方に是非おすすめしたい一枚です(^^)

↓良ければ記事をオススメしてください (σ゚∀゚)σイイネ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする